美容成分

【NMN】若々しさのカギを握るエイジングケア素材

NMNでいつまでも若々しいシニア女性 美容成分
この記事は約8分で読めます。

NMNは、美容にも有効であることが示唆されており、肌や髪に関するトラブルの解決の観点でも注目を浴びています。白髪や薄毛などの髪の悩みにピンポイントで効かせることは難しそうですが、細胞を活性化してカラダ全体を若々しく保てるのなら、美髪にも期待できそうです♪

くこ
くこ

結論から言うと、NMNが薄毛予防に有効かを検証した研究は報告されていないため、抜け毛を抑える効果については断言できませんが、サルを対象にサーチュイン遺伝子を活性化させた実験では毛並みが良くなった1結果が報告されているため、人間の髪の毛にも効果がある可能性があります。私は期待しています♪

NMNとは

NMNは、健康寿命を支え、若々しさの維持の鍵を握るエイジング素材として世界で注目されています。

NMNの正体

NMNは、ナイアシン(ビタミンB3)の一種、βニコチンアミドモノヌクレオチドの略称です。NMNを摂取すると、体内でNADに変換されます。

NADはエネルギー産生・運搬をする際に必須な物質です。

生物は、食べた物や酸素を利用してミトコンドリアでエネルギー(ATP)を産生するのですが、ここでATPを作るためには必須の補酵素[NAD]が必要となり、NADは各種の酸化還元酵素と結合して働きます。NADは、老化や寿命を制御するとされるサーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)を活性化させます。

最近では、NADが加齢とともに減少することによって臓器の機能低下や加齢由来の疾患を引き起こしていることも分かってきています。体内のNAD量を維持することは、若々しく健康な身体のコンディション維持に重要だと考えられています。

体内のNAD量を増やすためには

  • 絶食する
    (飢餓状態になるとエネルギー産生の要求が高まる為、体がNADを作り始める)
  • 運動する
    (運動により、体の中でNADを合成するために必要な酵素であるNAMPTが上昇する)
  • NMNを摂取する
    (NADが作られる一歩手前の過程の物質であるNMNを摂取する)

などの方法でNADを増やすことが出来ますが、中でもNMNの摂取が最も効率的だと言われています。(※補酵素であるNADを直接体内に取り入れることはできないため前駆体であるNMNを摂取するという方法をとります)

さて、NMNは、人間を含めたあらゆる生物の細胞に存在するビタミンですが、20代後半をピークに減少し、さらに40代になるとピーク時の半分まで減少、加齢とともに更にどんどん減少してしまいます。

  • ツヤやみずみずしさが足りない
  • 年齢を感じるようになった

など、若々しさが失われたことにより身体の調子が気になる方にはNMNの摂取がおススメです。

なぜNMNは注目を浴びるのか?

NMNブームに火がついたのは、米国ワシントン大学の今井眞一郎教授の研究を中心に、NMNの抗老化効果が明らかになったことがきっかけです。

生後5カ月から1年間、マウスにNMNを飲ませたところ、ヒトの60代に相当する17カ月齢になっても、体の代謝が保たれて中年太りせず、若いときと同じように活発に動き、骨格筋、肝臓、脂肪において加齢に伴って起こる遺伝子の変化が抑えられるなど、抗老化効果がみられた

引用元:日経BP Beyond Health 【今井眞一郎ワシントン大教授が語る「NMN、抗老化効果の真実」】

ワシントン大学のグループは、マウスにNMNを飲ませる研究を行い、NMNを飲ませたマウスは、NMNを飲んでいないマウスよりたくさん食べるようになったにもかかわらず、体の代謝が上がって中年太りが抑えられていることを発見しました。また、加齢に伴って起こる遺伝子の変化が抑えられ、免疫細胞の数が増えるなど、NMNの抗老化作用が非常に多岐にわたることも分かっています。

くこ
くこ

私はNHKのドキュメンタリー番組でNMNの存在をはじめて知ったのですが、番組内では「生後22か月のマウスにNMNを1週間投与したところ、生後6ヶ月と同等の細胞状態となり、運動能力、外観、活動レベル、細胞活性レベル等が若返った」と紹介されていて衝撃を受けたのを覚えています(マウス実験で糖尿病に劇的な治療効果があったことは特に衝撃的だったのでかなり鮮明に覚えています!)。ちなみに、マウスの生後6ヶ月はヒト年齢に換算すると約20歳、マウスの生後22か月はヒトの60歳くらいに相当するそうです。

NMNは人間に投与しても安全なのか?

NMNによる人体への副作用は、今のところ報告されていません。

むしろ、NMNは人間にも安全に投与可能であるという研究結果が2019年11月2日にEndocrine Journal誌に掲載されました。2

慶應義塾大学医学部内科学(腎臓・内分泌・代謝)教室の伊藤裕教授、眼科学教室の坪田一男教授、薬理学教室の安井正人教授、生理学教室の岡野栄之教授らと、米国ワシントン大学医学部の今井眞一郎教授らの研究グループは、健康な男性10人を対象に臨床研究を行い、抗老化候補物質として期待されるNMNが、健康なヒトに安全に投与可能であることを、世界で初めて明らかにしました。

また、2022年には、東京大学医学部附属病院 糖尿病・代謝内科の五十嵐正樹助教、中川佳子医師、三浦雅臣医師、山内敏正教授の研究グループにより、「健常な高齢男性に1日あたり250mgのNMNを12週間経口摂取すると、NAD+および関連代謝物の血中濃度が上昇し、歩行速度、握力などの運動機能が改善することが明らかになっています3

なお、厚生労働省は、NMNについては原則医薬品ではなく食品という立場を採っています。NMNは「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない」つまり、医薬品としての効果効能を謳わなければ食品として扱うということです。

NMNを食事から摂るのは難しい

NMNを食品から摂取するのはとても難しく現実的ではありません。

NMNはビタミンB3を含む食事で摂取することはできますが、食品中に含まれるNMN量は微量であり、しかも、NADを作る過程の酵素も加齢とともに活性度が落ちやすいため、効果を体感できる容量を摂取するのは困難だと言われています。

たとえば、栄養価が高い野菜の王様「ブロッコリー」でも400㎎のNMNを摂取しようとすると、なんと、毎日6400房も必要なんです。(そんなに食べられませんよね!?)

そのため、簡単かつ効果的にNMNを補給できるサプリメントが大人気です。

NMNをおすすめする人

NMNは元気ある生活を送りたい老若男女におすすめです!

  • 30代:美容や健康の維持のためにNMNサプリを飲みたい方
  • 40代:これからの加齢対策のためにNMNサプリを飲みたい方
  • 50代:まだまだ元気にこれからの人生を歩みたい方
  • 60代以上:若い頃の輝きを取り戻したい方

NMNまとめ

NMNは、健康寿命を支え、若々しさの維持の鍵を握る素材です。

  • ナイアシン(ビタミンB3)の一種
  • βニコチンアミドモノヌクレオチドの略称
  • 健康寿命を支えて若々しさのカギを握る素材
  • 20代後半をピークに減少し40代になるとピーク時の半分になる
  • エイジングケアの分野で注目され色々と研究されている
  • ヒトへの投与の安全性も証明されている
  • 通常の食事で補う為にはブロッコリー換算で6400房/1日必要
くこ
くこ

今後30年間で、

  • 老化メカニズムの解明
  • 予知医療の発展
  • がん治療研究や治療技術の進展

などにより、

  • 人類の平均寿命が100歳を超える
  • 最大寿命140歳も夢ではなくなる

とも言われています。どうせ長く生きるなら健康なまま美しく年齢を重ねたいですよね♪(病気で寝たきりになった状態で苦しみながら長生きするのは嫌です…)

もしも、NMNを安定的に供給することが出来るならば、体の内側から健やかに、美容と健康の維持への効果が期待できると考えられています。

くこ
くこ

私は、オイロストNMN12000プラチナムを2022年8月から飲んでいます。(実は他のNMNサプリを飲んでいたのですが経済的負担が大きかったため、コスパが良いオイロストNMN12000プラチナムに乗り換えました!)もう1年以上お世話になっていますね♪口コミでもご紹介していますが、無味無臭で飲みやすいですよ。

\私が飲んでいるおすすめのNMNサプリ/

  1. アメリカのウィスコンシン大学 (University of Wisconsin, UW)のWisconsin National Primate Research Centerが行ったアカゲザルの比較実験より。サルの実験ではNMNを投与したわけではありません。サーチュイン遺伝子は、MNM投与の他、食事制限、運動、暑さ、寒さなどでも活性化することが知られています。サルの実験では食事制限をした状況下で行われました。後藤佐多良先生先生の老化に関する研究を解りやすく紹介したサイトでは、エサを自由摂取したアカゲザルとカロリー制限を加えたアカゲザルの顔つきの違いを写真を交えて説明していらっしゃいますので、詳しく知りたい方はご覧ください。 ↩︎
  2. 慶応義塾大学「世界初 抗老化候補物質NMNを、ヒトに安全に投与できることが明らかに」 ↩︎
  3. 東京大学「ニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)で高齢男性の運動機能が改善~超高齢化社会の課題“サルコペニア”の予防効果に期待~」 ↩︎
くこ

40歳女性。4度目のヘアドネーションに向けて髪を伸ばしている真っ最中。軟毛+直毛。頭皮が乾燥気味で「かゆみ」があることに長年悩まされてきた為、生活習慣やヘアケアの仕方などを変えて肌質・髪質改善に挑戦。抜け毛が酷いため将来ハゲることを心配している。白髪とボリュームダウンの悩みを持つ母(65歳)と共に美髪に取り組み中。運営者情報

くこをフォローする
美髪の女王様
タイトルとURLをコピーしました